デ・ニーロとシャイア・ラブーフ、実話映画化でスパイ共謀の親子役?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シャイア・ラブーフとロバート・デ・ニーロ - James Devaney / WireImage / Getty Images

 ロバート・デ・ニーロシャイア・ラブーフが、映画『イーグル・アイ』や『アイ・アム・ナンバー4』のD・J・カルーソー監督が手掛ける、二重スパイ行為を題材にした映画『スパイズ・キッド(原題) / Spy’s Kid』に父子役で共演する交渉が進んでいると、The Hollywood Reporterが報じた。

ロバート・デ・ニーロ主演映画『レッド・ライト』フォトギャラリー

 本作は、2011年にオレゴニアンというローカル紙に6回シリーズで掲載された記事を基に映画化。共謀でスパイ行為を働いた実在の元CIAエージェント、ジム・ニコルソンとその息子ネーサンを描く。

[PR]

 20年以上のキャリアを誇るCIAエージェントだったジムは、ロシアへのスパイ行為で実刑を受け23年間収監される。その間、刑務所を訪れた息子に自分のスパイ行為を伝授、反逆行為を引き継がせ、息子はロシアに機密事項を漏らし多額の報酬を得ている。

 ラブーフとカルーソー監督は、『イーグル・アイ』『ディスタービア』ですでにタッグを組んでいる。本作の脚本家がまだ決まっておらず、デ・ニーロもラブーフも、脚本の内容により出演を検討することになっている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]