峰不二子も登場!イタリアでのコスプレコンテストは日本キャラが大人気!最高賞はFFXの召還獣ようじんぼう

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
優勝した召還獣ようじんぼう - 写真:中山治美

 イタリアで開催された第15回ウディネ・ファーイースト映画祭で、今年で第4回となるコスプレコンテストが開催された。

「DEATH NOTE デスノート」のLも登場!コスプレコンテスト写真ギャラリー

 今や世界中で盛り上がりを見せるコスプレコンテストだが、ウディネでは今回、数日前にシルヴィオ・ベルルスコーニ前首相も州選挙の応援演説を行った中心地サンジャコモ広場で開催。62人がエントリーし、集まった約500人の観客の前で自慢のコスプレを披露した。

[PR]

 テーマは映画、音楽、漫画と何でもアリで、ロックバンド、クイーンのフレディ・マーキュリーから米映画『アイアンマン』まで登場したが、圧倒的に多かったのがJ-POPカルチャーをモチーフにしたものだ。

 イタリアでも大人気の「ルパン三世」のルパンがセクシーな峰不二子と共に登場すれば、「DEATH NOTE デスノート」のLは砂糖たっぷりのエスプレッソを飲んで猫背姿で退場。人気アニメ「ONE PIECE」のウソップはイタリア語の主題歌「We are!」を歌い、会場中が大合唱となる盛り上がりを見せた。

 そして最高賞のベスト・イタリアン・ファーイースト・コスプレーヤーに選ばれたのは、「ファイナルファンタジーX」の召還獣ようじんぼうにふんしたマルティナ・セルフィさん。観客からも思わず「美しい」という感想が漏れていた。ノンオリエンタル賞は、米国のアクションゲーム「Bio Shock」のビックダディを造ったイヴァン・ポンタリーニさん。また、精巧なコスプレを作り上げたメイド・バイ・ミー賞には、日本のビジュアル系ロックバンド「愛狂います。」のボーカル・えみるに成りきったニコール・ランドリアーニさんに贈られた。

 最高賞のセルフィさんはコスプレーヤー歴2年。ようじんぼうに約1か月の労力を注いだという。セルフィさんは「でも正直、運ぶのが大変で…」と苦笑いしつつ、副賞の任天堂Wiiを嬉しそうに胸に抱えていた。(取材・文:中山治美)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]