スピルバーグ×ブラッドリー・クーパー!スナイパーの実話映画化でタッグ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
夢のタッグが実現!ブラッドリー・クーパー&スティーヴン・スピルバーグ - Jesse Grant / WireImage / Getty Images

 映画『E.T.』『ジュラシック・パーク』などの娯楽作から、『シンドラーのリスト』『プライベート・ライアン』などのシリアスな秀作まで手掛けてきた巨匠スティーヴン・スピルバーグが、新作映画『アメリカン・スナイパー(原題) / American Sniper』でメガホンを取り、人気俳優ブラッドリー・クーパーとタッグを組むことが明らかになった。The Hollywood Reporterが報じている。

スピルバーグ監督作品『リンカーン』フォトギャラリー

 同作は当初ワーナー・ブラザーズの下、ブラッドリーの制作会社・22nd & Indianaが企画していたが、このたび映画『ゲット スマート』のアンドリュー・ラザーピーター・モーガンがスピルバーグと共に製作を担当することになり、ドリームワークスもワーナーと共に製作に携わることになったようだ。

[PR]

 本作は、アメリカ海軍特殊部隊(ネイビー・シールズ)で従軍していたクリス・カイル氏の伝記「ネイビー・シールズ最強の狙撃手 / American Sniper: The Autobiography of the Most Lethal Sniper in U.S. Military History」の映画化作品。原作は、18週間ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに載っていたほど注目されていた。脚本は、映画『愛とセックスとセレブリティ』のジェイソン・ディーン・ホールが執筆し、製作総指揮も担当している。

 ストーリーは、1999~2009年までアメリカ海軍特殊部隊で従軍し、スナイパーとしてアメリカ歴史上で最も多くの敵を射殺した記録を持つクリス・カイルの視点を通しての戦争体験を描いた作品。実在のカイル氏は、今年2月に射撃場で殺害されている。スピルバーグとブラッドリーのタッグに期待したい。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]