福山雅治、カンヌで男泣き!『そして父になる』に約10分間拍手鳴りやまず!

第66回カンヌ国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
約10分間、温かい拍手に包まれた尾野真千子と福山雅治

 是枝裕和監督の新作『そして父になる』が現地時間18日、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で公式上映され、是枝監督、福山雅治尾野真千子リリー・フランキー真木よう子に約10分間にわたるスタンディングオベーションが送られた。

福山雅治、カンヌで男泣き!フォトギャラリー

 普段は決して涙を見せたことのなかった福山が泣いた。本編終了後、スクリーンにエンドロールが流れると劇場内には観客からの歓声と拍手が鳴り響き、約10分に渡るスタンディングオベーションが送られた。鳴り止まない拍手と「ブラボー!」の喝采に、涙を浮かべながら応える是枝監督の隣で、福山は何度も涙を拭っていた。是枝監督の努力が、カンヌに届いた瞬間だった。

 後に行われた会見でその瞬間を振り返った福山は「大変感動して、涙が出ました。是枝さんおめでとうという気持ちがこみ上げてきました」と感無量の様子。福山の妻を演じた尾野も、「日本の文化や会話、気持ちが伝わったことがとてもうれしかったです」と声を震わせ、是枝監督は「こんなに長く温かい拍手に包まれたのは初めて。届いたなという感激がありました」と喜びを噛みしめた。

 またこの日は、今月11日に亡くなった夏八木勲さんも、カンヌのスクリーンによみがえった。福山は「今日は見ていてくれたんじゃないかな」とポツリ。自分の父親を演じた夏八木さんが、どこかから見守っていてくれたように感じたという。

[PR]

 レッドカーペットイベントでは、世界各国から集まった報道陣によるフラッシュの嵐に緊張してしまった子役の二宮慶多、黄升ゲンを気づかうように、監督とキャスト全員が手をつないで登場。リリーが「ジョージ・クルーニーみたいに歩こうか、とかいろいろ考えていたけれど、子どもたちのおかげで緊張がほぐれた」と語ったように、まるで本当の家族のようにほほ笑み合いながら、レッドカーペットを歩いた。「これから、つらいことがあって飲むたびに、今日のことを思い出します」と口をそろえた男性陣。今夜は最高の美酒に酔えることだろう。(編集部・森田真帆)

映画『そして父になる』は10月5日より新宿ピカデリーほか全国公開
第66回カンヌ国際映画祭は5月26日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]