『ワイルド・スピード』第7弾、舞台は再び東京に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
東京に帰ってくるぜ……! - ヴィン・ディーゼル

 映画『ワイルド・スピード』シリーズ第7弾の撮影が東京と中東で行われる予定であることがわかった。第6弾『ワイルド・スピード EURO MISSION』で主演を務めるヴィン・ディーゼルがDigital Spyの取材で語った。

7月公開!映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』場面写真

 ヴィンは、次の撮影がどこで行われるかという質問に対し、「東京と、中東で撮影をする予定だ。とても面白くなるだろうね」とコメント。撮影が今年の9月から開始予定であることも明かした。

[PR]

 『ワイルド・スピード』シリーズで東京が舞台となるのは、2006年に公開された映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』以来。『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』では、ルーカス・ブラック演じる高校生ショーンが主人公であったため、ヴィン演じるドミニクが主人公として東京で活躍するのは第7弾が初となる。

 第7弾の製作はシリーズを手掛けてきたニール・H・モリッツ、脚本はシリーズ4作品を執筆してきたクリス・モーガンが担当する。メガホンを取るのは映画『ソウ』のジェームズ・ワン監督の予定だ。(井本早紀)

映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』は7月6日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]