レディー・ガガ、パクリ疑惑で30億超えの訴訟を起こされる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オルラン側が指摘している肩や顔の隆起 - 「Born This Way」PR時のレディー・ガガ - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 歌手のレディー・ガガが、フランス人アーティストのオルランから盗作疑惑で3,100万5,000ドル(約31億50万円)以上の賠償金を求める訴えを起こされたことがわかった。Radar Onlineが報じている。(1ドル100円計算)

レディー・ガガが超ロングヘアに!フォトギャラリー

 オルランの代理人は「レディー・ガガとレコード会社は、オルランの許可なく彼女の有名な二つの作品を使用したのです」とガガのヒット曲「Born This Way」(2011年)のミュージックビデオ(以下、MV)に言及。2009年発表の「Bump-Load」という顔や肩の骨が隆起した女性の彫刻のイメージと、1996年発表の「Woman With Head」というオルランの頭部を机の上に載せるというパフォーマンスを盗用されたと主張した。

 頭部が机に並べられたシーンは「Born This Way」のMVの開始1分過ぎに出てくるもので、オルランの代理人は「髪型も、おでこのインプラントも、メイクも全てオルランと同じ」とその類似点を指摘。また、2年後の今になって訴えを起こしたことについては「明らかな著作権侵害であるが、ガガが有名であるため、訴訟を起こすのは簡単ではなかった」と語っている。オルランは地元パリで訴状を提出している。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]