『監視者たち』チョン・ウソン、17人対1人のアクションシーンで苦労<韓国JPICTURES>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
さわやかでたくましい悪役 - チョン・ウソン - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 19日 JPICTURES]6月19日、ソウル城東区(ソンドング)杏堂洞(ヘンダンドン)のCGV往十里(ワンシムニ)で映画『監視者たち』マスコミ試写会が行われた。参加者のチョン・ウソンは映画の中でのアクションシーンについて語った。

最新作『監視者たち』マスコミ試写会フォトギャラリー

 チョン・ウソンは作品中、冷酷な性格を持った犯罪設計者ジェームズとして登場し、凶器を持った数多くの敵と狭い路地で対立するアクションシーンを披露する。

[PR]

 彼は「アクションシーンがたくさん出るだけの映画は嫌なので、印象的なものにしたいと思いロングテイクで撮影した。また、アクションスクールで前もって練習をたくさんした」と伝えた。撮影は11回行われ、10回目のテイクが映画に使われたことも明らかにした。

 続けて「17人の俳優と押したり引いたりして力を尽くした。撮影をしたときは緊張感でわからなかったが、一週間くらいは肩の調子が良くなくて少し苦労をした」と打ち明けた。

 『監視者たち』は、優れた頭脳を持った犯罪設計者ジェームズ(チョン・ウソン)と、班長ファン(ソル・ギョング)、ハ・ユンジュ(ハン・ヒョジュ)など監視専門家たちによる追跡を描いた映画だ。韓国で7月4日に公開される。(Jpictures Syndicate)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]