小柳ルミ子、疲労骨折していた…強行出演でプロ根性を見せる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
疲労骨折していたことを明かした小柳ルミ子のオフィシャルブログ - 画像はスクリーンショット

 歌手の小柳ルミ子が、右肋骨(ろっこつ)を疲労骨折していたことをブログで明かした。自身61歳の誕生日である今月2日に出演した「NHK歌謡コンサート」のリハーサル中に違和感を覚えたというが、本番は何とか乗り切ったという。

 小柳は8日付の「激痛(>_<)!!」と題したブログ記事で、病院に行ったことを明かすと、「結果、右肋骨の【疲労骨折&骨膜炎】でした」と告白。「NHK歌謡コンサート」出演の直前だったこともあり、「本番は究極の選択でした(-_-#)ダンスを全部カットして歌だけ歌うか 何も変更せず全てやるか 番組を降板するか」と悩んだそう。

 「で、自分で下した結論は何も変更せず全てやる…でした 骨折ごときで責任を放棄したくなかったのです」という小柳は番組で見事なパフォーマンスを披露。「正直言って、本番、どうして歌い踊れたのか自分でも分かりません ブレスも出来ないし、触れるだけでも痛いのに、何故あんなパフォーマンスが笑顔で出来たのか…記憶がないのです(ρ_;)」と振り返った。

 同番組終了後には、共演した小林幸子から「ルミちゃんのプロ根性には脱帽!」との言葉を贈られたという。「ご迷惑お掛けしたNHKのスタッフの皆さん、ダンサー、ファンの皆さん、ご心配お掛けして申し訳ありませんでした」と謝罪すると、「私は元気ですから、これからも私に踊るチャンスを与えて下さいね」とちゃめっ気たっぷりにつづった。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]