リンジー・ローハン、リハビリ施設退院後は母親と同居しないようアドバイスされる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リンジー・ローハン(左)と母ディナ・ローハン - Dario Cantatore / Getty Images

 執行猶予違反で90日間のリハビリ施設入所を言い渡されたリンジー・ローハンは7月終わりに退院する予定だが、退院後にどこに住むかが心配されている。

反抗期なリンジー・ローハン 映画『フォーチュン・クッキー』場面写真

 ニューヨークに住むリンジーの母親ディナは、「もちろん娘はわたしたちと一緒に再スタートを切ります」とコメントしているが、ディナはリンジーと一緒にクラブ通いをすることで知られているため周囲はこれを良く思っていないようだ。

[PR]

 「ディナと一つ屋根の下に住むことはしらふの状態を危うくすると周囲の人間はリンジーにアドバイスしています。退院後は、しらふの状態をサポートしてくれる人と一緒に暮らすか、アルコールや薬が一切禁止されている施設で暮らすのがベストですが、それは嫌なようです」と情報筋はRadarOnline.comにコメントしている。

 現在のリンジーの収入は微々たるもののため自分だけでは家を借りることはできないとのこと。

 「リンジーにはほとんどお金がないため、住める場所は限られています。友達と一緒に暮らすこともできますが、彼女の友達の多くはパーティー好きなのでまずいでしょうね。リンジーが今回の治療をどれだけ真剣に受け止めているかは様子を見るしかありません」と情報筋は付け加えている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]