『アバター』のオリジナル小説、『ジャンパー』の原作者が執筆することに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついに小説もでるらしいわ…… - 映画『アバター』より - 写真:Everett Collection/アフロ

 出版企画が進められている、2009年のジェームズ・キャメロン監督作『アバター』のオリジナル小説を、映画『ジャンパー』の原作者スティーヴン・グールドが執筆することになったと、thegurdian.comなど複数媒体が伝えた。

映画『アバター』フォトギャラリー

 小説でも、映画で描かれた衛星パンドラを舞台に、さらに内容を深めたストーリーが描かれるとのこと。

[PR]

 キャメロン自身が執筆にあたる予定であったが、キャメロンは『アバター』の3本の続編の製作準備に専念しているとのことだ。

 キャメロンは、グールドについて、「現代SF作家の中でもピカイチだ。彼が作り出してきた世界やキャラクターについて、ずっと敬意を抱いてきた」とコメント。

 グールドは現在、キャメロンや『アバター』の脚本家たちと小説執筆を進めているとのこと。小説は、4巻シリーズになる予定だそうだ。

 映画『アバター』第2弾は、2016年12月公開予定。小説出版の時期は明らかになっていない。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]