庵野秀明監督も大興奮!! 東京フィルハーモニー交響楽団が円谷作品の楽曲を演奏!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲストとして集まった(左から)森次晃嗣、ひし美ゆり子、冬木透、桜井浩子、黒部進

 1日、円谷プロ創立50周年記念「ウルトラマン シンフォニーコンサート2013 with 東京フィルハーモニー交響楽団」(昼の部)が池袋の東京芸術劇場で開催され、大の特撮ファンとして知られる特別ゲストの庵野秀明監督も来場、大興奮のイベントとなった。

 本コンサートは、オーケストラと親和性の高い円谷作品の楽曲を題材とし、フルオーケストラによる演奏でその世界観を表現するもの。この日は、ゲストとして、黒部進桜井浩子森次晃嗣ひし美ゆり子つるの剛士といった歴代ウルトラマンシリーズに出演した俳優陣が参加。黒部が「至福の時間です」と笑顔を見せると、桜井も「こんな素敵な会場で、こんな素敵なオーケストラと一緒にいられるなんて」と感激の表情を見せた。

 この日のコンサートでは、オーケストラの迫力ある生演奏をバックに、ウルトラマンと怪獣がステージで戦闘を繰り広げる「ウルトラマンバトルシンフォニー」という演出や、オーケストラをバックに歌手の中西圭三jammin'Zeb、そしてつるのらが楽曲を歌い上げるコーナーなど、盛りだくさんの内容だった。

[PR]

 そんなコンサートを客席で観ていた庵野監督は「オーケストラいいですね。(円谷プロの楽曲の)メドレーを聴いていると、自分も歌いたくなりました。なんで俺のマイクがないんだと思いましたよ。『ファイヤーマン』のサビをぜひ歌いたかった」と興奮ぎみにコメント。

 続けて、“ホワンとしているときにシャキンとなる人生で必須の曲”「夕陽に立つウルトラマン(M13)」、そして“人生で一番聴いた曲”「マイティジャックの歌」という2曲をオーケストラにリクエストした庵野監督は、迫力の演奏を客席で堪能。その感想を司会者から聞かれると、「すばらしい!!」と絶叫気味に答えていた。

 この日のハイライトは、「ウルトラ音楽の父」と称される作曲者・冬木透自身がタクトを振る「交響詩ウルトラセブン」。「ウルトラセブン」の楽曲群で構成された壮大な世界観に、思わず聴衆も心奪われた様子だった。そして最後は、オーケストラの伴奏による「ウルトラマンの歌」。観客と出演者が一体となって合唱、大盛り上がりの大団円となった。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]