ケイト・ブランシェット×ルーニー・マーラで同性の恋愛を描く!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レズビアンカップルを演じるケイト・ブランシェット(左)とルーニー・マーラ - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images, Jun Sato / WireImage / Getty Images(左から)

 映画『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが、『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ監督の新作『キャロル(原題) / Carol』に出演することになったとVarietyなど複数媒体が伝えた。

ルーニー出演の新作『サイド・エフェクト』場面写真

 作家パトリシア・ハイスミスによる1952年出版の小説「ザ・プライス・オブ・ソルト(原題) / The Price of Salt」の映画化である本作は、1950年のニューヨークを舞台に、20代のデパート店員テレーズと、結婚生活が破たんしつつある人妻キャロルの恋が描かれる。

[PR]

 キャロル役にはケイト・ブランシェットが決まっており、テレーズは当初、映画『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカが演じる予定だったが、ミアが降板したため、代わりにルーニーがキャスティングされるに至った。

 ヘインズ監督は、「初期の頃から、ルーニーの素晴らしさには心奪われていた。彼女とケイトの共演が実現するなんて、ものすごくワクワクするよ」とコメント。『キャロル(原題)』は、ヘインズ監督にとって2007年の『アイム・ノット・ゼア』以来の監督映画になる。撮影開始は来春の予定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]