ロバート・ゼメキス監督、チャーリー・カウフマンが脚本を手がけるSF映画の監督候補?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
契約成立してほしい! - 監督候補のロバート・ゼメキス(右)とチャーリー・カウフマン - Roberto Serra - Iguana Press / GettyImages(左)

 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや、アカデミー賞監督賞に輝いた『フォレスト・ガンプ/一期一会』で知られるロバート・ゼメキス監督が、映画『マルコヴィッチの穴』や『エターナル・サンシャイン』の脚本家、チャーリー・カウフマンが脚本を手掛ける映画『カオス・ウォーキング(原題) / Chaos Walking』の監督候補に挙がっていることがThe Wrapにより明らかになった。

涙あふれる…映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』写真ギャラリー

 パトリック・ネスによる3部作小説「混沌の叫び」の映画化である本作は、女性が生存せず、すべての生命体はイメージや言葉、音など“ノイズ”と称される方法で互いの考えを聞くことができる、とある荒廃した世界が舞台のSF映画。

 ゼメキス監督への交渉は始まったばかりで、まだ契約成立までは至っていないようだ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]