視聴率ナンバーワンコメディー「ビッグバン★セオリー」 キャストが一丸となってギャラアップを要求

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「ビッグバン★セオリー」のケイリー・クオコ、ジム・パーソンズ、ジョニー・ガレッキー(左から) - Bruce Glikas / FilmMagic / Getty Images

 アメリカのゴールデンタイムに放送されているテレビコメディーで最高視聴率を獲得している「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」のメインキャスト3名が、同時にギャラアップを要求する予定だとRadarOnline.comが報じた。

 ジム・パーソンズジョニー・ガレッキーケイリー・クオコは、第8シーズンから1エピソードの出演料を現在の35万ドル(約3,500万円)から50万ドル(約5,000万円)にアップすることを求めるほか、再放送権による利益のパーセンテージも要求する構えだという。(1ドル100円計算)

 情報筋によれば、第7シーズンの視聴率が急降下しないかぎり、CBS局はこの要求をおそらくのむだろうとのこと。第6シーズンの最終エピソードの視聴者数は1,860万人を記録。今年のエミー賞でも8部門でノミネートされており、人気の高さはまったく衰えを見せていない。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]