坂本龍一も出演 伝説の元フランスVOGUE編集長に迫る初のドキュメンタリー公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ』ポスター - (C) 2013 BLACK DYNAMITE FILMS, TARKOVSPOP

 フランス版VOGUE誌の伝説の編集長として名高いカリーヌ・ロワトフェルドの素顔に迫った初のドキュメンタリー映画『マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ』の日本公開が来年4月に決まった。

 現在59歳のカリーヌは、18歳でモデルとしてファッション界に入りながら、独自のセンスと自由な発想で一躍脚光を浴び、ハイ・ブランドのGUCCIやYves Saint Laurentのスタイリングを担当したという経歴の持ち主。その活躍や存在は、世界的デザイナーのトム・フォードカール・ラガーフェルドに“ミューズ”と言われるほど輝いたもの。

 そして、2001年から10年間にわたり同誌の編集長を務め、退任後に創刊した自らのイニシャルからなる新雑誌「CR Fashion Book」の製作過程から発売までの様子も網羅。トムやラガーフェルドらファッション・デザイナーから、カニエ・ウェストアリシア・キーズケイト・ブランシェットキルステン・ダンスト、そして坂本龍一も出演し、幅広い交友も明らかになる。

[PR]

 今なおファッション・アイコンとして第一線で活躍し続ける彼女にとって何より大切なのは家族。本作では初孫誕生の瞬間に立ち会う姿も収められている。伝説の編集長の素顔はいかに? (編集部・小松芙未)

映画『マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ』は2014年4月、全国公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]