豪華キャスト集結の新ドラマ「LINK」、初めて目があったとき照れちゃったと大森南朋と綾野剛

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
一堂に会した(後列左から)ミムラ、玉山鉄二、綾野剛、田中直樹、(前列左から)深川栄洋監督、黒木瞳、大森南朋、田中麗奈、武田鉄矢

 10月スタートのWOWOW連続ドラマW「LINK」の完成披露試写会に、大森南朋田中麗奈玉山鉄二ミムラ田中直樹綾野剛武田鉄矢(特別出演)、黒木瞳といういずれも主役級の豪華キャストが集結し、番組のタイトルにちなみ、「リンク」「つながり」をキーワードに語り合った。映画『白夜行』『ガール』でメガホンを取り、今回、連続ドラマ初監督を務めた深川栄洋も同席した。

豪華キャスト集結の新ドラマ「LINK」、初めて目があったとき 画像ギャラリー

 本作は、ある登場人物の行動が別の人物に影響を与え、さまざまな出来事が「リンク」して、次第に壮大な物語が浮かび上がってくる群像劇、ヒューマン・ミステリー。主役で、要人警護を職業とする元警官・寺原を演じる大森は、今回の俳優陣のなかで各キャストとの共演数がもっとも多い、「リンクが一番」と紹介されると「実は綾野くんとは今回が初めてで、お互いにそのことに気づかず、現場で役として向かい合い目を見たときに初めて気づいて、照れちゃって、いったん休憩をもらったんです」と撮影エピソードを語った。「この仕事自体が、不思議なリンクでつながっている」という大森。

[PR]

 名前をあげられた綾野は、IT会社「リンク」の社長で、物語のカギを握るミステリアスな人物ショーン役。「場違いかもしれませんが、『リンク』といえば箱根駅伝。まだ身体も出来ていない若者が、タスキをつなぐ一心で倒れるまで走る。素晴らしいと思いませんか」と力説し会場の笑いを誘った綾野。学生時代に同じ陸上部だった彼の先輩が、いま箱根駅伝のコーチをやっているという「リンク」まで明かしていた。

 群像劇や人と人との不思議な関係のドラマを得意としてきた深川監督は「自分の父親は無口な人だったので、『人生とは何か』はテレビに出ていた武田さんに教わった気がします。それこそハンガーの振りまわし方も含めて。監督人生のなかで、いままた武田さんと出会えたのは、まさに『リンク』」と語りつつ、「第1話のあと、第2話でまた別の物語が始まり、3話、4話と雪だるま式におもしろくなっていきます」と、作品への自信をうかがわせた。(取材/岸田智)

連続ドラマW「LINK」は10月6日よりWOWOWプライムにて毎週日曜夜10時放送(全5話) 第1話は無料放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]