錦戸亮、倉科カナから素顔の“モテオーラ”明かされ謙遜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
豪快さを垣間見せた倉科カナ

 関ジャニ∞の錦戸亮と女優の倉科カナが29日、都内神社で行われた10月の新ドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」(フジテレビ系)のヒット祈願イベントに出席した。錦戸はドラマで元ホストの占い師を演じ、倉科は「モテオーラがハンパない」と大絶賛。さらに、倉科から「ちょっとニコッってするだけでキラキラ星が飛ぶよう。演技って自分にないものは出せないので、さぞおモテになるんだろうって思いました」と素顔を暴かれると、錦戸は「そんなことありません」と小さく謙遜(けんそん)していた。

錦戸亮、倉科カナから素顔の 画像ギャラリー

 イベントに錦戸と倉科はそれぞれ狩衣とスーツというドラマ衣装で出席し、着慣れない衣装にもだいぶ慣れてきたという錦戸は「ロケで(衣装で)現場に行く途中、道でおばあちゃんに『神主様、お疲れ様です』って言われるときは普通に神主さんのふりしますけど」と笑いながら述懐。主題歌も関ジャニ∞の「ココロ空モヨウ」に決まり、錦戸は「とても明るくて、キャッチーで、このドラマにぴったりな歌じゃないかと思います」と気合を込めた。

[PR]

 また、狛狐が並ぶ同神社にちなんで油揚げを2枚お供えした後には、境内の奥でヒットの願いを込めて占いに挑戦。願い事をしながら御石様を持ち上げ、思ったよりも軽ければ「成就」、重ければ「努力せよ」と吉兆が分かるもので、錦戸は「どっちに転ぶか分からないけど、後からみんなで軽かったって思えるようにしたい」とさわやかな笑顔。一方、倉科は「意外と軽くて。重かったら『重~い』と言おうと思ったのに」と豪快な一面を垣間見せて笑いを誘っていた。

 同作はシリーズ累計40万部を超える人気ノベル「陰陽屋」シリーズのドラマ化。東京都北区・王子を舞台に、元ホストで霊能力ゼロのインチキ占い師・安倍祥明(錦戸)と、非科学的なことは一切信じないヒロイン・只野路子(倉科)が科学で解けない謎を解決する姿を描く。安倍の助手役にHey! Say! JUMPの知念侑李や、神社の巫女にAKB48の柏木由紀が扮するなどフレッシュな顔ぶれにも注目だ。(中村好伸)

ドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」はフジテレビ系列にて10月8日スタート 毎週火曜22時(初回15分拡大)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]