“レゴ”が映画になった!前代未聞の話題作、2014年春に日本公開決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『レゴ(R) ムービー』USポスタービジュアル - (C)2012 The LEGO Group. All rights reserved.

 ブロックやテレビゲームで知られる「LEGO(R)」を初めて長編映画化した『レゴ(R) ムービー』が、2014年春休みに日本公開されることが決定した。「LEGO(R)ブロック」の世界に基づいた同作では、LEGO(R)ブロック仕様のバットマンやワンダーウーマン、ニンジャ・タートルズが登場。これまでに観たことがないような“組み立て自由な”冒険が展開される。

映画『レゴ(R) ムービー』予告編映像

 同作は『くもりときどきミートボール』のフィル・ロード&クリストファー・ミラーが監督・脚本を担当した3DCGアニメーション。平凡なLEGO(R)ミニフィギュアのエメットを主人公に、世界を救う鍵となる人物だと間違えられた彼の冒険が描かれる。製作はワーナー・ブラザース映画 とビレッジ・ロードショー・ピクチャーズ。

[PR]

 オリジナル版では、主人公エメット役のクリス・プラット、最強の敵であるプレジデント・ビジネス役のウィル・フェレル、その手下のバッド・コップ / グッド・コップ役のリーアム・ニーソンをはじめ、モーガン・フリーマンエリザベス・バンクスウィル・アーネットなどの豪華俳優陣が声優を担当していることも話題になった。

 2009年に映画化が報じられて以降、「いったいどんな映画になるんだ?」と映画ファンから注目されていた同作。このたび公開された日本版予告編映像では「これぞLEGO!」といったユニークな世界が提示されており、子どものころのワクワク感を思い出す人も少なくないはず。来年春の公開に期待が膨らむ一作だ。(編集部・福田麗)

映画『レゴ(R) ムービー』は2014年春休みに全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]