キム・ギドク脚本・製作の『俳優は俳優だ』MBLAQイジュン、役に共感できず苦労<韓国JPICTURES>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画出演の感想をク-ルに語ったMBLAQイジュン - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

[韓国 17日 JPICTURES]10月17日、音楽グループMBLAQのイジュンが、ソウルのCGV往十里(ワンシムニ)で行われた映画『俳優は俳優だ』(監督:シン・ヨンシク)のマスコミ試写会に出席し、成功後に堕落していくトップ俳優を演じた感想を語った。

映画『俳優は俳優だ』フォトギャラリー

 イジュンは「実は台本を受け取ったときは、こんなに大変な映画を撮れるのかとても心配だった」と明かした。また「毎シーンが僕には難しく、感情の起伏も激しかった。良いシーンのときは良かったが、堕落していく場面は実際に経験したことのない部分だったので共感できなかったことも事実。周りの方々に話を聞いて共感できる部分を得ていった」と話した。

 キム・ギドクが脚本と製作を手掛けた『俳優は俳優だ』は、狂ったように成功したいと願う俳優の裏側を描いた作品だ。『映画は映画だ』に続いて、演技と現実の境界を行き来する独特の構成で、撮影現場で繰り広げられるエピソードが描かれる。韓国で10月24日に公開。(Jpictures Syndicate)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]