大ヒット官能小説の映画化、主演が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
チャーリー・ハナムに代わって主役を務めることになったのはモデル出身のジェイミー・ドーナン - Ian Gavan / Getty Images

 作家E・L・ジェイムズのエロティック小説「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の映画化で、ジェイミー・ドーナンが主演に決定したことがVarietyによって明らかになった。

ジェイミー・ドーナン出演!映画『マリー・アントワネット』写真ギャラリー

 ジェイムズが執筆した原作は、全世界で6,300万部の発行を記録した全3部からなる大ヒット小説で、“母親用ポルノ”とも称されている作品。そのストーリーは、裕福なビジネスマンであるクリスチャン・グレイが、女子大生アナスタシア・スティールを官能の世界に引き込んでいくというもの。

[PR]

 映画化では、『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のサム・テイラー=ジョンソンがメガホンを取り、脚本をテレビドラマ「Terra Nova ~未来創世記」のケリー・マーセルが担当することになっている。

 キャストには、アナスタシア役を俳優ドン・ジョンソンの娘ダコタ・ジョンソン、クリスチャン役にチャーリー・ハナムが決まっていたが、先日チャーリーが降板。今回新たに映画『マリー・アントワネット』やテレビシリーズ「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」に出演しているジェイミー・ドーナンが決まった。彼は、一時期女優キーラ・ナイトレイと交際していたこともあった人物。

 本作の公開は来年8月1日を予定している。ジェイミーはファンからのプレッシャーに負けずに演じることができるだろうか?(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]