コリン・ファースとケイト・ウィンスレットがヨットレースで最大の謎の死を描いた作品で共演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
イギリスを代表する2人の俳優の共演が期待されます! - コリン・ファースとケイト・ウィンスレット - (左)Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズや『英国王のスピーチ』などでおなじみのコリン・ファースが、タイトル未定の映画でケイト・ウィンスレットと共演する可能性があることがIndiewireほか複数のメディアによって明らかになった。

笑顔がすてきなコリン・ファース 写真ギャラリー

 本作は、1968年に世界で初めて開催されたヨットの単独無寄港世界一周レース、“ゴールデン・グローブレース”に参加したドナルド・クローハーストを題材にした作品。

[PR]

 脚本は、映画『コンテイジョン』、『サイド・エフェクト』のスコット・Z・バーンズが執筆している。そして今回キャストには、ドナルド役にコリン・ファース、ドナルドの妻役にケイト・ウィンスレットが初期の出演交渉に入ったようだ。

 ドナルド・クローハーストはイギリスの電気技師で、電波方向探知機などを開発していたベンチャー企業を経営していた人物。アマチュアの選手として同レースに参加したが、ヨットが準備万端でなかったにもかかわらず出航し、他のレース参加者より遅れ始め、さらに無線の報告でうそをつき、最終的に行方がわからないまま、おそらく亡くなったと思われる。ヨットレース最大の謎の事件となった。

 今のところ監督が決定していないため、コリンとケイトが本作にその程度興味を示すかわからないが、彼ら二人が組めば興味深い作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]