しずちゃん、京都のギタリストに貢いだ過去…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
暴露し合った南海キャンディーズ山里亮太、山崎静代

 お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太山崎静代が14日、都内で行われた映画『悪の法則』公開記念イベントに出席。女子ボクシング選手として2016年のリオデジャネイロ五輪出場を目標にしている山崎は、ボクシングとお笑いの活動比率について「7対3」とリアルな現実を報告。コンビ間格差もたびたび話題になる山里は「ガチだな」とうなだれ、「楽屋の第一声は『久しぶり』で始まるから」と疎遠な関係を口にした。

南キャン・山ちゃんがブラピに変身!しずちゃんは超ミニスカ!フォトギャラリー

 その一方で、山里は相方としての山崎には「東京オリンピックも決まりましたし、お金のにおいがして、どうしても手放したくない。眼帯にスキンヘッド、どのタイミングでやろうかな」と、「あしたのジョー」の丹下段平を引き合いに出して便乗をもくろむが、山崎から「真剣にやっているのに、お金のために来たらボコボコにします」と冷たく突き放された。

[PR]

 また、スキャンダラスな事件を描く作品内容にちなんで、お互いの“悪エピソード”を暴露。山里は「昔、京都のギタリストに貢いで、車で送り迎えもして、その人の趣味に合わせて鼻にピアスをあけようとしていた」と山崎の乙女な面を、山崎は「(品川庄司の)品川(祐)さんが嫌いだよね」や、「キングコングの西野(亮廣)も嫌いって言っていますよ」と山里のデリケートな問題に突っ込んだ。しかし山里は「ヤツ(西野)のせいで刈り上げになったこともあるから」とあっけらかんと肯定していた。

 この日はそれぞれ、劇中に登場するブラッド・ピットキャメロン・ディアスを意識したセクシー衣装で音楽をバックにウォーキングも披露した2人。華麗な変身ぶりに山里が「似合っちゃって」と自画自賛すると、長澤まさみの美脚を意識したというミニスカの山崎から「大丈夫、似合っていないから」と全否定されていた。

 本作は、欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出したセレブたちが、危険なわなにハマり堕(お)ちて行く姿を描く心理サスペンス。巨匠リドリー・スコットがメガホンを取り、ブラピ、キャメロンのほか、マイケル・ファスベンダーペネロペ・クルスハビエル・バルデムら豪華スターが共演する。(中村好伸)

映画『悪の法則』は11月15日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]