『素晴らしき哉、人生!』続編の製作決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まさかの続編! - 映画『素晴らしき哉、人生!』より - Photo:Everett Collection/アフロ

 フランク・キャプラ監督作『素晴らしき哉、人生!』(1946)の続編が、70年近い時を経て製作されることがわかった。Varietyが報じた。

 『素晴らしき哉、人生!』は、人生に絶望して自殺しようとした主人公ジョージ・ベイリー(ジェームズ・スチュワート)が、天使(ヘンリー・トラヴァース)から「彼が生まれてこなかった世界がどんなにわびしいか」を見せられたことで人生の意義を見いだす物語。クリスマス映画の定番となっている。

 続編のタイトルは『イッツ・ア・ワンダフル・ライフ:ザ・レスト・オブ・ザ・ストーリー(原題)/ It’s a Wonderful Life: The Rest of the Story』で、ジョージ・ベイリーの孫が主人公。彼は人から嫌われている人物で、彼が生まれてこなかったら世界がどんなにうまくいっていたかを天使から見せられることになるという。天使には、『素晴らしき哉、人生!』でジョージの娘ズズを演じたキャロライン・グリムスがふんする。

[PR]

 脚本を執筆したのは、ボブ・ファーンズワースとマーサ・ボルトン。天使役のキャロラインは、「これまでの人生で20近い『素晴らしき哉、人生!』続編の脚本を読んだけど、いい出来のものはなかった。でもボブ・ファーンズワースとマーサ・ボルトンの脚本は素晴らしかった。すぐにでも本作に携わりたいと思ったの」とコメントしている。

 主演の決定は来年2月までないが、プロデューサー陣は監督候補とミーティングを重ねているほか、オリジナル版に出演したジミー・ホーキンス(トミー・ベイリー役)とキャロル・クームズ(ジャニー・ベイリー役)とも再出演交渉をしているとのこと。2015年のホリデーシーズンの全米公開を目指しているという。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]