ジェニファー・ローレンス、名声と引き換えにプライバシーが無くなったことが残念

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カフェでゆっくりしたいの - ジェニファー・ローレンス

 映画『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞を獲得し、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズで大注目されているジェニファー・ローレンスが、ファンに囲まれずにカフェでゆっくりとコーヒーを楽しめたころを取り戻したいと思っているようだ。

ジェニファー・ローレンス主演映画『ハンガー・ゲーム2』写真ギャラリー

 「プライベートはめちゃくちゃになったわ。新たな生活に慣れるために、プライベートを一から築き直さなければならなくなった。大変で時間もかかるけど、なんとかなると思う。ただ、昔の生活が惜しいだけ。カフェに入って普通の人として扱われるあの感覚を忘れたくないの。そういうところはまだ慣れることができなくて、ちょっと悲しいわ」とジェニファーはスペインのMujerhoy.comにコメントしている。

[PR]

 『ハンガー・ゲーム』シリーズでカットニスを演じているジェニファーは、スポットライトが自分に当てられるようになったときの居心地の悪さは、カットニスが作品の中で感じているとの同じだったという。

 「彼女とわたしは最初から同じ道を歩んできたの。最初の映画で彼女は、無理やりドレスを着させられ、化粧をさせられ、周囲の人間は彼女が理解できないことを話し合っている。そんな彼女が何を考えていたか、わたしにははっきりとわかるわ。でも、この業界はとても変な世界ではあるけど、しばらくすると怖さもなくなり、対処方法が身につくものよ」と語っている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]