「SHERLOCK(シャーロック)」第3シーズンのインタラクティブ予告編公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマン - Dave Hogan / Getty Images

 BBC製作のテレビドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」第3シーズンの予告編がオフィシャルサイトで公開された。予告編の途中で画面に表示されるセリフなどをクリックすると初公開の別映像や画像を楽しめるというインタラクティブ(相互的)な予告編となっている。

マーティン&ベネディクト共演!映画『ホビット 竜に奪われた王国』場面写真

 「SHERLOCK(シャーロック)」は21世紀に生きる名探偵シャーロック・ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチ)を主人公にしたミニドラマシリーズ。本国イギリスでは2014年1月1日に第3シーズンがスタートし、第2シーズンのラストから2年後を舞台に、相棒のジョン・ワトソンマーティン・フリーマン)の前に再び姿を現したシャーロックの活躍を描く。

[PR]

 「君がどうやって死を偽装したかなんてどうでもいい。僕が知りたいのは、なぜそんなことをしたかだ」というジョンのセリフから始まる予告編には、シャーロックの兄・マイクロフト(マーク・ゲイティス)、レストレード警部(ルパート・グレイヴス)、ハドソン夫人(ウーナ・スタッブズ)などおなじみのメンバーに加えて、ジョンが現在一緒に暮らしている女性の姿も。

 シャーロックがマイクロフト相手に「いきなりベーカー街に戻ったらジョンが驚くだろうな」とウキウキ語るも「彼はもういないよ。2年たったんだぞ」と厳しい現実を突き付けられるシーンや、シャーロックがどのように自身の死を偽装したのかのヒントとなるシーンなど盛りだくさんとなっている。さらに、ある箇所をクリックして正しいコードを入力すれば特別映像が観られるという、「SHERLOCK(シャーロック)」ならではの仕掛けも施されている。

 また、第3シーズンの放送に先駆けて、現地時間12月25日には「SHERLOCK(シャーロック)」のミニエピソード「Many Happy Returns」の放送も決定。同エピソードの内容は、2年たった今でもシャーロックの死を信じないある人物を描くとだけ明かされている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]