『攻殻機動隊』のハリウッド実写化が本格始動!ついに監督が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついにハリウッド実写化が本格始動! - 映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』より - 写真:Album/アフロ

 士郎正宗原作・押井守監督のアニメーション映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』のハリウッド実写リメイク企画が本格始動した。Deadlineによると、映画『スノーホワイト』のルパート・サンダーズが監督に就任したという。

 『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』は1995年に発表されたSFアニメーション映画。近未来を舞台に、公安9課に所属する主人公・草薙素子と国際手配中のハッカー・人形遣いをめぐる数奇な運命が描かれる。国内のみならず海外でも絶大な人気を誇っており、日本アニメブームの火付け役ともいわれているほか、後にシリーズ化もされている。

 サンダース監督は『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートシャーリーズ・セロンが共演した2012年の『スノーホワイト』で長編映画デビュー。同作はアカデミー賞に衣装デザイン賞・視覚効果賞の2部門でノミネートされるなど高い評価を得た。

[PR]

 実写リメイクの権利は、数年前にスティーヴン・スピルバーグ率いる映画会社のドリームワークスが獲得。プロデュースを『スパイダーマン』シリーズのアヴィ・アラッド、『アイアンマン』のアリ・アラッド、『ゴーストライダー』のスティーヴン・ポールが務め、『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』のウィリアム・ウィーラーが脚本を手掛けることが発表されていたが、その後、目立った動きはなかった。

 このたび監督が決まったことで、今後は製作が本格的に始動していく見込み。国内外に多くのファンを持つ作品だけに、サンダース監督の肩に掛かる期待も大きい。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]