中川翔子、オタクでよかった!初主演映画公開に喜び爆発!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
喜びを爆発させた中川翔子

 タレントの中川翔子が25日、都内で行われた初主演映画『ヌイグルマーZ』の初日舞台あいさつに武田梨奈市道真央高木古都北原帆夏井口昇監督と共に登壇し、「学生時代にボッチだった3人、わたしと大槻ケンヂさんと監督が作った奇跡の映画。オタクでよかった。生きていてよかった。人生で一番輝いている瞬間だと思います」と初日を迎えた喜びを爆発させた。

しょこたん、喜び爆発!フォトギャラリー

 初主演作ということで本作への思い入れは強く、「ついに運命の日が来ました」と切り出した中川は「こんなに宇宙のすてきがいっぱい詰まった映画は他にありません。ヒーローになりたいという憧れや、ヌンチャクの練習が栄養になりました。わたしの過去の全ての黒歴史の瞬間と握手ができたような、そんな素晴らしい映画になっています」とうれしそうにコメント。

[PR]

 共演者についても中川は「みんな美しくて個性的で楽しかった。撮影中はずっと笑顔だった」と話し、武田については「梨奈ちゃんの完璧なエヴァ・ボディーから繰り出されるしなやかなキックは日本一でした。しかもこんな梨奈ちゃんだけど、一緒に食事した時、『わたし、サンタクロース見たんですよ』って言ってしまうような意外な一面も持っていて本当にすてきでした」と紹介。劇中、中川に冷たく当たる役どころの市道についても「憧れの戦隊ヒロインの真央ちゃんに冷たくされて光栄でした。いじめられればいじめられるほど興奮しました」と話し、会場を沸かせた。

 「これでわが身が滅んでも生きた証が残ります」と中川。井口監督も「映画の現場自体がケーキバイキング的な雰囲気で、まさに女子会のようだった」と撮影を振り返り、「この映画を撮るために監督になったようなもの。完成して本当にうれしい」と感慨深そうにしていた。

 本作は大槻ケンヂの小説「裁縫人間ヌイグルマー」を実写化した特撮映画。一人のロリータ少女(中川)が、愛する者を守るためぬいぐるみと合体したヒーロー「ヌイグルマー」となって悪と戦う姿を描く。舞台あいさつには映画の大ヒットを祈願し、テディベアをモチーフにした特製巨大クマ手も登場した。(取材・文 名鹿祥史)

映画『ヌイグルマーZ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]