ポールとリンゴがグラミー賞で共演!ヨーコは客席でダンス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第56回グラミー賞授賞式で共演したポール・マッカートニーとリンゴ・スター - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 現地時間26日開催の第56回グラミー賞授賞式で、ザ・ビートルズの存命メンバーであるポール・マッカートニーリンゴ・スターが共演を果たした。

 プレゼンターを務めた女優ジュリア・ロバーツの「ポール・マッカートニー……そして彼の友人にも少し協力してもらいましょう(with a little help from his friend)、リンゴ・スターです」という紹介で二人の共演が明らかになると会場は大盛り上がりに。自身の新曲「Queenie Eye」を虹色のピアノで弾き語るポールを、リンゴはザ・ビートルズ時代のようにドラムでサポート。客席では故ジョン・レノンさんの妻オノ・ヨーコがアップビートな曲に合わせてノリノリでダンスするなど圧巻のパフォーマンスとなった。

 演奏を終えたポールとリンゴは手をつないで客席に礼をし、抱き合って久々の共演を喜び合っていた。

 ザ・ビートルズは第56回グラミー賞で特別功労賞生涯業績賞を受賞。また、リンゴはこの共演に先立って、ジョージ・ハリソンと共作したヒット曲「想い出のフォトグラフ」(1973年)をパフォーマンスしたほか、ポールは「Cut Me Some Slack」でデヴィッド・グロールらと共に最優秀ロックソング賞を受賞していた。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]