中村蒼、緊張の本格ラブシーン挑戦で監督にボヤき節?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
中村蒼

 俳優の中村蒼が4日、虎ノ門のニッショーホールで行われた映画『東京難民』の完成披露試写に出席し、女優の大塚千弘と挑んだ劇中のラブシーンについて、メガホンを取った佐々部清監督にボヤいてみせる一幕があった。この日は青柳翔山本美月中尾明慶井上順、また主題歌を担当する高橋優も来場した。

中村蒼、ラブシーンに緊張! フォトギャラリー

 父親が失踪し大学を除籍となった青年が、ネットカフェ難民、ホスト、果てにはホームレスへと転落していく姿を描く本作。ホストとなった主人公・修(中村)に入れ込み、人生を踏み外していく女性を演じた大塚は、ヌードも辞さない本格的なラブシーンに「緊張するタイプではないんですが、それでもドキドキしましたね」と告白。続けて「でも監督が撮影前日に『千弘、大丈夫だ』とケアをしてくださった」と述懐すると、中村は「僕も緊張しましたけど、監督からの電話はなかったです」とボヤいてみせ、会場を笑いに包んだ。

[PR]

 本作では青柳と中尾もホスト役に初挑戦。それを受けた中尾は「中村蒼くんと青柳さんがホストなのは納得できると思いますけど、僕に関しては優しい気持ちで見ていただけたら」とコメント。

 またこの日は雪が降りしきる天候だったが、大勢の観客が来場。「楽しい現場でしたし、ザ・映画という感じで、映画っていいなと思わせてくれるような現場でした」と撮影を振り返った中尾は「大宮でロケをしたんですが、そのときは雪で帰れなくて、ホテルに泊まったこともありました。(本日も雪ということで)監督は天候に恵まれない人だなという印象を持っています。でも現場は楽しくて、僕にとって監督に出会えたのは大きな財産だと思う」としみじみ語った。

 イベントには、主題歌を担当する高橋もサプライズで登場し、主題歌の「旅人」を熱唱。佐々部監督は「高橋さんが歌った『桐島、部活やめるってよ』の主題歌が『陽はまた昇る』で、僕のデビュー作と同じタイトルだったんです。だから高橋さんにこんなすてきな楽曲を提供していただいて、うれしく思います」と縁を感じている様子。中村も「舞台袖で高橋さんの曲を聴けて、すごくぜいたくだなと思いました」と笑顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『東京難民』は2月22日より有楽町スバル座ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]