昨年亡くなった映画評論家ロジャー・エバートさん、故フィリップ・シーモア・ホフマンさんの配役を熱望していた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フィリップ・シーモア・ホフマンさん(右)の演技を称賛していたロジャー・エバートさん - Ethan Miller / Getty Images(左)

 昨年亡くなったアメリカの映画評論家ロジャー・エバートさんが、もしも自伝的映画が作られることがあれば、故フィリップ・シーモア・ホフマンさんに自分の役を演じてほしいと妻のチャズ・イーバートに話していたことがわかった。

ホフマンさんがアカデミー賞主演男優賞を獲得…映画『カポーティ』フォトギャラリー

 Indiewireなど複数媒体によれば、ロジャーさんの著書を基に製作された彼のドキュメンタリー映画『ライフ・イットセルフ(原題) / Life Itself』の試写会後、質疑応答に出席したチャズは「フィリップ・シーモア・ホフマンの訃報を耳にしたときはショックでした。ロジャーは、彼は最も優れた多彩な俳優の一人だと言っていました」とフィリップさんの死に哀悼の意を述べた。さらに「ロジャーはいつも、『もし、わたしの映画が作られることがあれば、フィリップ・シーモア・ホフマンにわたしの役を演じてほしい』と話していました」と明かした。

 映画『フープ・ドリームス』のスティーヴ・ジェームズ監督が、マーティン・スコセッシヴェルナー・ヘルツォークらへのインタビュー映像を交えて製作した『ライフ・イットセルフ(原題)』は、今年CNNにて放映予定。劇場公開は未定。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]