松山ケンイチ主演『家路』がベルリンで好スタート!

第64回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベルリンの地を踏んだ久保田直監督と内野聖陽 - Photo:Yukari Yamaguchi

 第64回ベルリン国際映画祭で松山ケンイチ主演映画『家路』のワールドプレミアが開催され、久保田直監督、内野聖陽が登壇した。本作は、被災地を舞台に家族を描いた人間ドラマだ。

映画『家路』フォトギャラリー

 上映前に「原発事故で閉ざされたエリアができたと知ったとき、いつかは風化していくのではという危惧を抱き、何年たっても観られるような映画を作ろうと、福島を舞台に普遍的な家族を描きました。その思いが届けば」とあいさつしていた久保田監督は、上映後、大きな拍手で迎えられた。「日本には、出稼ぎして、家族との音信を絶っている人が大勢います。そういう人が『誰もいなくなったのなら帰ろうかな』という話を作れないかというのがスタートでした」と明かした。

[PR]

 その誰もいなくなったところに帰る主人公を演じるのが松山だ。「ケンイチ・マツヤマは来ないのか?」という質問も出るなど、松山はこのところの映画祭ではおなじみの俳優となっている。松山の腹違いの兄役が内野。何もかもなくし、何をしたらいいのかさえわからない一家の大黒柱を説得力ある演技で見せている。内野の妻役に安藤サクラ、松山の母役に田中裕子と演技派がそろい、家族の人間模様を伝えている。

 質疑応答を終えた久保田監督は、厳しいといわれる海外の観客が上映中、誰も席を立たなかったことを喜んだ。福島ロケについて内野は「実際の仮設住宅で撮影していますが、差し入れしてくださったり、状況が状況なのに、逆に、僕らに力を与えてくださった現場でした」と振り返った。

 久保田監督は「時間制限でしか入れないエリアの撮影など、時間との戦いでした」と苦労を語った。「それと、クランクインの前日に梅雨入り宣言が出てしまって絶望しましたが、奇跡的にずっと晴天が続いて、何かがついていてくれたと思いました」と運に恵まれた作品は、ベルリンでも幸先の良いスタートを切ったといえそうだ。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

映画『家路』は3月1日より新宿ピカデリーほかにて全国公開
第64回ベルリン国際映画祭は16日まで開催

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]