スピルバーグ、『ウエスト・サイド物語』をリメイクか

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
リメイクに興味を示したスティーヴン・スピルバーグ監督

 ミュージカル映画『ウエスト・サイド物語』(1961)のリメイク映画化に、スティーヴン・スピルバーグ監督が興味を持っているとDeadline.comが報じた。

 敵対する2つのギャンググループと、それぞれに属する男女の恋を描いた1957年初演のミュージカルを映画化した同作は、ロバート・ワイズジェローム・ロビンスがメガホンを取った。ナタリー・ウッドリチャード・ベイマーが共演し、第34回アカデミー賞では作品賞・監督賞など10部門で受賞している。

 スピルバーグがリメイクの興味を持っていると知った製作会社の米20世紀フォックスは、彼と企画を進めていくことに前向きとのこと。まだ脚本家候補の名前は挙がっていないようだ。

 スピルバーグは、アン・ハサウェイクリス・ヘムズワースの出演が報じられていた映画『ロボポカリプス(原題) / Robopocalypse』の製作が昨年から無期限延期されている。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]