スコセッシ監督とミック・ジャガーのドラマにオリヴィア・ワイルドが出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
超ゴージャス! - (左から)マーティン・スコセッシ監督、オリヴィア・ワイルド、ミック・ジャガー - Dave J Hogan / Getty Images(右)

 マーティン・スコセッシ監督とミック・ジャガーが手掛ける予定のタイトル未定の新作ドラマに、オリヴィア・ワイルドが出演することになったことがVarietyや複数のメディアによって明らかになった。

スコセッシ作品で最大のヒット!映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』写真ギャラリー

 本作は、アメリカのテレビシリーズ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」でタッグを組んだマーティン・スコセッシ監督と脚本家テレンス・ウィンターが、ケーブルチャンネルHBOのもと企画している作品。パイロット番組は、スコセッシ監督がメガホンを取り、テレンス・ウィンターが脚本を執筆している。

[PR]

 そのストーリーは、レコードレーベルの重役リッチー・フィネストラが、1970年代にディスコとパンクが流行し始めた中で、新たなサウンドを求めて売り出していくというもの。そのリッチー役にはすでにボビー・カナヴェイルが決定していて、今回新たにリッチーの妻ディヴォン役にオリヴィア・ワイルドが挑戦することになったようだ。

 同作は、ミック・ジャガー、映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』のヴィクトリア・ピアマンなどが製作総指揮を務めるようだ。撮影は今年の初夏から行われることになっている。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]