『トップガン』続編、パイロット無用?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『トップガン』より - 写真:Album/アフロ

 トム・クルーズ主演の映画『トップガン』(1986)の続編が実現に近づいているとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーがThe Huffington Postにコメントした。

映画『トップガン』写真ギャラリー

 「製作をしようと考えてから30年、徐々に近づいているよ。ドン・シンプソンと僕で一度トライしたけどうまくいかなかった。その後、トム・クルーズが挑戦したけどだめだった。今、また実現させようとしているところだ」とブラッカイマーは語っている。

[PR]

 続編に採用されたのは、無人航空機のせいでパイロットが無用になったというコンセプトで、これを考えたのは2012年に亡くなった『トップガン』の監督トニー・スコットさんだという。

 また、ブラッカイマーは「トムは、パイロットは無用じゃなく不可欠な存在だということを証明するんだ。続編はまだスタート地点に立ったばかりの段階だよ。トムはとても忙しいから、彼のスケジュールとパラマウント・スタジオから予算を確保しないとね」と言っている。

 現段階では続編の監督は決まっておらず、封切り予定日も決められていないという。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]