ブラピ、第二次世界大戦が舞台のロマンチック・スリラーに出演か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・ナイト脚本の新作に出演なるか?ブラッド・ピット

 ブラッド・ピットが、第二次世界大戦を舞台にしたロマンチック・スリラー映画に出演する可能性があるとDeadline.comが伝えた。

ブラピ出演!映画『それでも夜は明ける』写真ギャラリー

 タイトル未定の本作は、映画『アルゴ』や『最愛の大地』などのGK フィルムズが製作を担当。脚本を、『堕天使のパスポート』や『イースタン・プロミス』のスティーヴン・ナイトが手掛ける。

[PR]

 現在はまだブラッドへの出演交渉が進行している段階。監督は未定だが、ビッグネームが想定されているという。撮影は、来年初頭より開始を予定しているとのこと。

 ブラッドは、映画『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督による、ドイツ軍に立ち向かう兵士たちがテーマの第二次世界大戦を舞台にした『フューリー(原題) / Fury』でも主演を務めており、そちらは今年11月14日に全米公開が予定されている。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]