脚本が流出したタランティーノ監督の西部劇映画が朗読劇として上演決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
1日限りの特別上演! - クエンティン・タランティーノ - Christopher Polk / Getty Images

 脚本が流出して話題になった、クエンティン・タランティーノ監督が企画していた西部劇映画『ザ・ヘイトフル・エイト(原題) / The Hateful Eight』が、朗読劇として1日だけ上演されることになった。Varietyや複数のメディアが報じている。

同じく西部劇!タランティーノ監督作『ジャンゴ 繋がれざる者』写真ギャラリー

 同朗読劇は、独立系映画作家などを支える非営利団体、フィルム・インディペンデントのもと企画され、今年の4月19日にロサンゼルスのダウンタウンにあるエース・ホテル内のシアターで行われることになった。なお、レコーディングやライブ配信を行う予定はなく、観客だけの特別な作品になるようだ。

[PR]

 この西部劇映画の脚本流出事件は、今年1月に、違法に入手した脚本をインターネット上に公開したとして、タランティーノ監督がGawker Mediaを相手に著作権の侵害で訴えを起こしていた。

 チケットは、まず優先的にフィルム・インディペンデントの会員、ロサンゼルス郡立美術館のフィルムクラブの会員、ニューヨーク・タイムズ・フィルム・クラブの会員が、4月11日昼12時(米西海岸現地時間)から200ドル(約2万円)で購入でき、もし売れ残りがあれば、一般にも4月16日夕方5時(米西海岸現地時間)から売り出すようだ。(1ドル100円計算)(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]