滝川クリステル、「お・も・て・な・し」以来?久々プレゼンに緊張

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
久々のプレゼンに挑んだ滝川クリステル

 フリーアナウンサーの滝川クリステルが8日、イギリスBBC EARTH制作の最新映画『ネイチャー』の完成披露試写会に出席した。本作の日本語ナレーション版でナビゲーターを務める滝川は、オリンピック招致の「お・も・て・な・し」を意識してか「今日は久しぶりのプレゼンで緊張しています」と笑顔。「BBC EARTHの大ファンのわたしですが、3Dの最新技術が加わった今回は無敵。その効果に目を見張りました」と本作の魅力を語った。

滝川クリステルフォトギャラリー

 以前、WOWOWで放送されたBBC EARTHの特番でプレゼンターを務め、『ネイチャー』を手掛けたニール・ナイチンゲイル監督にも取材したという滝川。「2年前、イギリスのBBC EARTHに伺ったとき、ホワイトボードにこの映画の企画が書いてあった。いまその縁を感じています」といい、「英語版は男性ナレーションですが、わたしは女性らしく、母性や優しさをナレーションで表現できれば」と意気込みを述べる。

[PR]

 また「体温まで伝わってきそうな映像で、動物たちが愛おしくなってくる」という滝川は、愛犬を思い出したのか、震災で被災した福島県浪江町から引き取ったラブラドールの話題に触れ「毎日一緒に寝ているんです。犬も夢を見ているみたいで、シッポをブンブン振って寝ています。そんな姿がすごくかわいい」とコメント。「いずれは動物の保護活動にチャレンジしたい」と将来の夢も明かしていた。

 最後は、映画について「地球の命の根源である、真っ赤なマグマのダイナミックさなど、動物もわたしたちも地球に生かされているのがわかります」と語った滝川。俳優の小澤征悦とゴールインも近いなどと報じられていることから、「交際は順調?」と質問が飛ぶ場面もあったが、これには無言だった。

 映画『ディープ・ブルー』や『アース』など、名作ドキュメンタリーを手掛けたBBC EARTHは、『ネイチャー』でハリウッドの最新撮影技術4K3Dを導入し、大自然により肉薄。世界遺産「ヴィクトリアの滝」や標高5,200メートルの極寒の山中、マグマが吹き上がる火山など、迫力の3D映像で、多くの人々が見たことのない大自然の姿を映し出している。(取材 / 岸田智)

映画『ネイチャー』は5月2日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかで全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]