水谷豊の娘・趣里が愛を引きずる幽霊役

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
白い肌が目を引く趣里

 俳優・水谷豊伊藤蘭の娘で女優の趣里が12日、都内でオムニバス映画『恋につきもの』の初日舞台あいさつを行った。

映画『恋につきもの』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 『恋につきもの』はふみふみこの漫画を実写化したラブストーリー。人から見たらちょっと変わった人物たちの恋を描いた短編3話で構成されたオムニバス作品だ。趣里は表題作でもある『恋につきもの』で、自動車教習所の指導員・光多朗(高橋洋)への愛が強すぎるあまり、死んだ後に幽霊となる小春を熱演した。

[PR]

 肌を露出したセクシーな衣装で登場した趣里は、泊りで行われた撮影を「合宿所みたいなところで、スタッフさんとのコミュニケーションもよく取れた」と楽しそうに振り返った。また、同席した共演の高橋が「普段、幽霊を相手に芝居をすることもないので、すごく面白かった」と語れば、一見正隆監督も「光多朗には幽霊が見えていない設定なので、(趣里が)顔のすぐ前から話し掛けたり、やりづらそうだなって」などと撮影エピソードを披露。

 さらに一見監督は「幽霊が出てくる映画はたくさんあるけど、あまり観たことのない演出をやりたかった」と熱い思いを口に。趣里は幽霊という異質なキャラクターを演じながらも「幽霊の世界も普通にあるのではないかと思いました。そういう感覚になれる映画」と共感していた。

 そして、「自分が普段変わっていると思う点」についての話題になると、趣里はよく眉毛がハの字になって眉間にしわが寄りがちだといい「(普通にしていても)『怒ってる?』『困ってる?』ってよく言われる」と打ち明けて笑いを誘っていた。

 この日は趣里、高橋、一見監督のほか、オムニバスの一編『いばらのばら』の松本花奈伊藤沙莉葉山奨之桝井大地監督、『豆腐の家』の谷口蘭石田法嗣五十嵐耕平監督らも登壇した。(中村好伸)

映画『恋につきもの』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]