『アナと雪の女王』が『アバター』超え!日本国内で最もヒットした3D映画に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『アナと雪の女王』 - (C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

 大ヒット公開中の映画『アナと雪の女王』の興行収入が6日までに159億3,691万450円となり、日本国内で最もヒットした3D映画となった。7日、配給のウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが発表した。これまでの最高記録はジェームズ・キャメロン監督の『アバター』(2009年)の156億円だった。

映画『アナと雪の女王』フォトギャラリー

 『アナと雪の女王』は現在、日本国内における歴代興行収入8位にランクイン。『アルマゲドン』(1998年公開)の135億円を抜き、配給のウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン史上最大のヒット作にもなっている。

[PR]

 ゴールデンウイーク中も各地の映画館では満席が続出。とりわけ5日は、この日一日で興行収入6億9,922万6,600円を記録。ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン史上歴代3番目の成績を上げた。6日までの累計動員は1,265万1,168人。

 映画『アナと雪の女王』はアンデルセンの「雪の女王」をモチーフに、エルサとアナの姉妹が真実の愛をめぐる冒険を繰り広げるさまを描いたミュージカルアニメーション。第86回アカデミー賞を2部門で受賞したほか、世界中で大ヒットを記録。日本国内においても、洋画アニメーションの興行記録を塗り替えるなど、社会現象ともいえるブームを巻き起こしている。(編集部・福田麗)

映画『アナと雪の女王』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]