村上淳に褒められた岡田将生、ジャンプして大喜び!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
完成披露試写会で笑顔を見せた岡田将生

 人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を、岡田将生主演で映画化した『オー!ファーザー』の完成披露試写会に、岡田をはじめ、忽那汐里佐野史郎河原雅彦宮川大輔村上淳藤井道人監督が出席した。本作は、恋多き母親の四股恋愛の結果、生まれたときから4人の父親たちと奇妙な6人家族の生活を送っている男子高校生(岡田)が、ある日、町でサラリーマンのカバンがすり替えられる現場を目撃したことから、とんでもない事件に巻き込まれていくサスペンスコメディーだ。

岡田将生と4人の父親たち!フォトギャラリー

 個性も経歴もバラバラな4人の父親を演じたのは、佐野、河原、宮川、村上。岡田は「ボケてツッコんでワーワー騒いで。このお父さんたち4人が現場を盛り上げてくださった。この映画の家族も、実際の家族と同じくらい大切なものに思えた」と撮影を振り返った。

[PR]

 ギャンブラーの父・鷹役の河原は「アドリブの演技がすごかった」と一同から賞賛されていたが、河原本人は「でも一切使われてない。監督にメッタ切りにされて、血まみれです」と自虐的な笑い。体育教師の父・勲役の宮川は岡田から「現場では面白いこと全然言わなくて。役に一生懸命。真面目」とバラされ、「何もできない人みたい。そういうこと言わんといて」と赤面していた。

 女好きの元ホストの父・葵役の村上が「確かに父親は4人いるけれど、その真ん中に岡田将生という俳優がいて、彼が現場の中心だった。すごく頼もしかった」と真顔で述べると、岡田は「ヤッター! ラッキー!」とジャンプして大喜び。「ほら、今みたいなので胸キュン死する人、この会場にいっぱいいるはずだよ」と村上。終始、和気あいあいとした雰囲気の試写会となった。(取材:岸田智)

映画『オー!ファーザー』は5月24日より角川シネマ新宿ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]