シネマトゥデイ

新宿ミラノ&丸の内ルーブルが閉館へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
閉館の決定した新宿ミラノ

 東急レクリエーションの運営する映画館「新宿ミラノ」「シネマスクエアとうきゅう」「丸の内ルーブル」が閉館されることが明らかになった。13日、同社が発表した。「新宿ミラノ」「シネマスクエアとうきゅう」は今年12月31日まで、「丸の内ルーブル」は同8月3日までの営業を予定している。

 「新宿ミラノ」は、1956年に新宿・歌舞伎町に開館した複合ビル「新宿TOKYU MILANO(旧・新宿東急文化会館)」内に「ミラノ座(現・新宿ミラノ1)」「新宿東急(現・新宿ミラノ2)」としてオープン。1981年12月には同ビル内に「シネマスクエアとうきゅう」が、1971年には新宿ミラノ新館内に「名画座ミラノ(現・新宿ミラノ3)」がオープンした。閉館の理由としては、近隣にシネマコンプレックスの出店が相次ぎ、業績が悪化したこと、そしてビル全体の老朽化が挙げられている。同ビルに入っている「新宿ミラノボウル」「ファミリーマート西武新宿駅前店」も閉店する。

 一方の「丸の内ルーブル」は、東京・有楽町の「マリオン新館」内に1987年10月にオープン。以降は邦画・洋画を問わず、話題作を上映してきたが、11月30日をもって定期建物賃貸借契約が満了することに伴い、閉館が決定した。同館では、2005年12月からは3年間にわたって、映画館として日本で初めてネーミングライツを導入したことも話題になった。

[PR]

 東急レクリエーションは今後、ロードショー館からシネマコンプレックスに完全移行するといい、渋谷にフラッグシップとなるシネマコンプレックスがオープンする予定となっている。(編集部・福田麗)

「新宿ミラノ」「シネマスクエアとうきゅう」は12月31日をもって閉館
「丸の内ルーブル」は8月3日をもって閉館

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]