『ハートブルー』のリメイク版 ジェラルド・バトラーの代役に『ゼロ・ダーク・サーティ』のエドガー・ラミレス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ハートブルー』リメイク版、ジェラルド・バトラーに代わってエドガー・ラミレスが出演(左から) - Frazer Harrison / Getty Images(左)Ian Gavan / Getty Images(右)

 キアヌ・リーヴス主演映画『ハートブルー』(1991)のリメイク版から降板したジェラルド・バトラーに代わり、映画『カルロス』『ゼロ・ダーク・サーティ』のエドガー・ラミレスがキャスティングされたとVarietyが報じた。

キアヌ主演!映画『ハートブルー』フォトギャラリー

 ジェラルドはオリジナル版でパトリック・スウェイジが演じた強盗団のボスでサーファーのボーディを演じることになっていたが、エリクソン・コア監督との意見の相違とスケジュールの都合で降板したと報じられている。

[PR]

 キアヌが演じたユタ役はオーストラリア人俳優のルーク・ブレイシーが演じ、ゲイリー・ビューシイ演じたパパスはレイ・ウィンストンが演じる。FBI捜査官が強盗団の潜入捜査をするというストーリーはオリジナル版と変わらないが、リメイク版はエクストリームスポーツの世界を舞台にするとのこと。

 『ハートブルー』リメイク版の全米公開は2015年8月7日を予定している。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]