内藤剛志、59歳の誕生日を祝福され「そろそろ僕も定年退職」と照れ笑い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
大森研一監督、内藤剛志、柴田杏花、葵わかな、中村玉緒

 俳優の内藤剛志が31日、新宿ピカデリーで行われた映画『瀬戸内海賊物語』初日舞台あいさつに柴田杏花葵わかな中村玉緒大森研一監督と出席。今月27日に迎えた59歳の誕生日を会場全体から祝福された。

映画『瀬戸内海賊物語』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 日本版『グーニーズ』ともいうべき本作は、戦国時代の海賊大将軍の血を引く少女・楓(柴田)とその仲間たちが、実在した海賊「村上水軍」の埋蔵金を探す姿を描き出したアドベンチャー映画。大勢の観客の前に立った大森監督は「この作品は約3年前に脚本が作られ、2年前が撮影。仕上げも含めて長い道のりでしたが、おかげさまで本日を迎えることができました」と晴れ晴れとした表情。

[PR]

 一方の柴田は「主演をやらせてもらうのは初めてだったので、最初は緊張して不安でしたが、(温かい)スタッフ、共演者の方に囲まれて、のびのびと楓を演じさせてもらいました。今日は映画を観ていただいて本当に感謝しています」とあいさつ。その姿を見た内藤は「すごい(しっかりした)あいさつだね。本当に彼女は大きくなりました。(背が伸びたので、2年前とは)目線が違いましたから」と“娘”の成長に目を細める一幕もあった。

 また、今月27日は内藤の59歳の誕生日、そして同23日が大森監督39歳の誕生日だったことから、本作初日の“出港式”も兼ねて、舟型のケーキでお祝いをすることに。突然の祝福に内藤は「来年は還暦。そろそろ僕も定年退職ですよ」と照れくさそうな顔を見せつつも、「初めてドラマで大きな役をもらったのが23歳か24歳のころ。その時は(灰谷健次郎原作の)『太陽の子』というドラマで、お母さん役が中村玉緒さん。僕もこんなに大きくなりました」と本作でも母親役を務めた中村に改めて謝辞。不思議な縁を感じている様子の二人だった。(取材・文:壬生智裕)

映画『瀬戸内海賊物語』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]