『ジュラシック・ワールド』米テーマパーク跡地で撮影開始!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
撮影開始!オリジナル版から22年後の恐竜テーマパークが舞台! - 映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』より - Getty Images

 映画『ジュラシック・パーク』の第4弾『ジュラシック・ワールド(原題) / Jurassic World』(2015年6月12日全米公開予定)が現地時間6月6日からルイジアナ州の閉鎖されたテーマパークをロケ地とし、撮影を開始することが明らかになった。

映画『ジュラシック・パーク』フォトギャラリー

 Projectcasting.comによると、撮影はルイジアナ州ニューオーリンズ郊外の閉鎖されたテーマパーク、シックス・フラッグス・ニューオーリンズ公園の跡地で行われるとのこと。また、製作側は現在エキストラを募集していて、18歳から75歳までの男女で、6月6日と6月9日から6月13日まで働ける人を探しているという。ギャラは12時間で101ドル50セント(約1万1,500円)だそうだ。(1ドル100円計算)

[PR]

 このテーマパークは、ニューオーリンズがハリケーン・カトリーナに襲われる直前の2005年に閉鎖されたもので、最近では映画のロケ地に利用されることも多いらしく、映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』や、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』などでも使われたようだ。

 オリジナル版から22年後のイスラ・ヌブラル島が舞台となる本作は、ホテルやレストラン、ゴルフコースなども完備された大人気の恐竜テーマパークを舞台設定としているらしい。「まさにジョン・ハモンドの夢が現実になったものです。きっとあなたも行きたいと思うでしょう」とコリン・トレヴォロウ監督は/Filmにコメントしている。今後、11週間にわたってニューオーリンズで撮影をするとのこと。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]