漫画家・桂正和が「牙狼」にゲスト出演!直筆イラストも披露!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」第10話より - (C)2014 雨宮慶太 / 東北新社

 人気コミック「電影少女」「I”s」「ZETMAN」などで知られる漫画家の桂正和が、本日放送されるテレビドラマ「牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」(テレビ東京系列)の第10話にゲスト出演していることがわかった。

 本作は、2005年から放送されている「牙狼<GARO>」シリーズの第4弾テレビ作品。黄金騎士ガロの称号を継ぐ若き魔戒騎士・冴島雷牙が、元老院から派遣された少女マユリとともに、古の魔獣エイリスの封印に挑む姿を描いている。

 第10話は、冴島家に仕える執事ゴンザがメインのストーリー。桂は、ゴンザと彼の昔なじみアンナの似顔絵を描く絵描き役として登場。アンナ役は、同じくゲスト出演の松坂慶子が務める。

[PR]

 今回の企画は、雨宮慶太総監督が直々に依頼をして実現したといい、本編で登場する似顔絵は、桂直筆のイラストを使用しているとのこと。果たして桂は、どんなゴンザとアンナを描くのか。貴重なイラストは必見だ。

 「牙狼」最新作となる本シリーズには、主人公・雷牙を演じる若手俳優の中山麻聖のほか、哀川翔大杉漣、元AKB48の秋元才加、キャイ~ンの天野ひろゆきバナナマン日村勇紀など、豪華メンバーが出演している。(宮本裕人)

テレビドラマ「牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」第10話は本日6月6日(金)25:23よりテレビ東京にて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]