ジャレッド・レトー、ウィル・スミスが降板した話題作に主演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャレッド・レトー

 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャレッド・レトーが、ウィル・スミスが降板した話題作『ブリリアンス(原題) / Brilliance』の主演交渉に入ったことがVarietyや複数のメディアによって明らかになった。

ジャレッド・レトーが女装!映画『ダラス・バイヤーズクラブ』場面写真

 作家マーカス・セイキーの小説「ブリリアンス(原題)/ Brilliance」を製作会社レジェンダリー・ピクチャーズが映画化し、配給をユニバーサル・ピクチャーズが担当する本作。監督はジュリアス・オナー、脚本は映画『エージェント:ライアン』のデヴィッド・コープが手掛けている。

[PR]

 そしてこのたび、主演予定のウィル・スミスが10日前にリドリー・スコットが製作する、NFL選手の脳振とう問題を題材にしたタイトル未定の映画に出演することになり、急きょ降板したため、新たにジャレッド・レトーと出演交渉に入った。もし決定すれば、映画『プロメテウス』のノオミ・ラパスと共演することになる。

 本作は、生まれつき人並み外れた能力を持つ“ブリリアンツ”と呼ばれる人間たちを題材に、主人公の連邦捜査官が内戦をたくらむ“ブリリアンツ”の能力を持つテロリストと戦うというストーリー。アカデミー賞助演男優賞を獲得したジャレッド・レトーの今後の動向に期待したい。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]