ベネチア映画祭、審査委員長に作曲家アレクサンドラ・デスプラが決定

第71回ベネチア国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ベネチア映画祭コンペ部門の審査委員長に決定したアレクサンドラ・デスプラ - Vincent Sandoval / WireImage / Getty Images

 8月にイタリアで開催される第71回ベネチア国際映画祭コンペティション部門の審査委員長に、最新作『GODZILLA ゴジラ』をはじめ、数多くの映画音楽を手掛けるフランスの作曲家アレクサンドル・デスプラが決定した。同映画祭によると、映画音楽作曲家が審査委員長を務めるのは、これが初だという。

デスプラが音楽担当!映画『GODZILLA ゴジラ』予告編

 1961年生まれで現在52歳のデスプラは、これまでアン・リーウェス・アンダーソンロマン・ポランスキーキャスリン・ビグローベン・アフレックトム・フーパーほか、名だたる監督たちとコラボレーション。アカデミー賞作曲賞においては、映画『あなたを抱きしめる日まで』でノミネートされた今年を含め、『アルゴ』『英国王のスピーチ』などで6回のノミネートを果たしている。

[PR]

 そのほか『真夜中のピアニスト』でベルリン国際映画祭の銀熊賞(音楽賞)、『ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち』でゴールデン・グローブ賞を獲得したほか、数多くの映画賞を受賞している。

 今回の決定を受けデスプラは「このような由緒ある映画祭の審査委員長を務めることに、多大なる名誉と重大な責任を感じています」とコメント。映画祭のディレクターのアルベルト・バルベラ氏は「アレクサンドル・デスプラは、今日最も偉大な作曲家の一人というだけでなく、熱心なシネフィルでもあります。彼の驚異的ともいえる芸術的な感度は、その映画についての深い知識と、歴史と、言語に支えられているのです」と声明で語っている。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]