AKB入山杏奈、襲撃事件後ファンの前に初登場「もう少し時間が必要かな」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
襲撃事件後、初めてファンの前に登場したAKB48入山杏奈 - (c)AKS

 5月25日に岩手県で開催された握手会にて刃物で襲われたAKB48入山杏奈が30日、事件から初めてファンの前に登場し、元気な姿を見せるとともに現在の心境を明かした。同握手会では、入山のほか、メンバーの川栄李奈、会場整理スタッフ1名が襲われ、手や頭などを負傷して手術を受けていた。

AKB入山杏奈、襲撃事件後ファンの前に初登場!フォトギャラリー

 AKB48劇場チームA「恋愛禁止条例」公演開演前に舞台に立った入山は、「皆さん本当にご心配をお掛けしました。皆さんに早く元気な姿を見せたいなと思いまして今日は公演前に少しお時間をいただきました」と切り出すと、「ずっと一人でおうちにいる時とかも皆さんの声がわたしの支えでした」とファンに感謝。

[PR]

 右手はまだ固定されており「完全に踊れるようになるまではもう少し時間が必要かなって思います」としながらも、「でも、わたしにはこうして帰ってくる場所があって、待っていてくださる皆さんがいます。自分にできることから少しずつ焦らずに進めていこうかなと思います」と前向きにコメント。「これからもよろしくお願いいたします」とファンに呼び掛けた。

 総監督兼チームAキャプテンの高橋みなみも「こうして少しずつではありますけれどもあんにん(入山の愛称)が元気な姿になって劇場に戻ってきてくれました。まだ川栄はこのステージに戻ってきていないんですけれども、チームA全員がこのステージに戻ってくるその日まで皆さま温かく見守ってくださるとありがたいなぁと思います」と続けていた。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]