ラモーンズのドラマー、トミー・ラモーンさん死去 62歳

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りします - トミー・ラモーンさん(写真は2012年4月撮影のもの) - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 アメリカのパンクバンド、ラモーンズのオリジナルメンバーとして唯一の存命メンバーだったドラマーのトミー・ラモーンさんが62歳で死去した。バンドのオフィシャルツイッターで発表された。

 Varietyによると、トミーさんは現地時間11日にニューヨークにある自宅で死去したとのこと。トミーさんは胆管がんを患い、終末期ケアを受けていた。

 ラモーンズは、1974年にトミーさんとボーカルのジョーイ・ラモーンさん、ギターのジョニー・ラモーンさん、ベースのディー・ディー・ラモーンさんによって結成され、1970年代後半のパンクシーンに大きな影響を与えたバンド。トミーさんは初期3作(「ラモーンズの激情」「リーヴ・ホーム」「ロケット・トゥ・ロシア」)のアルバムにドラマーとして参加し、1978年の脱退後もプロデューサーとしてバンドに携わった。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]