舞台ミュージカル版『スクール・オブ・ロック』の上演日が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「待ち遠しいかな?」アンドリュー・ロイド・ウェバー - Anthony Harvey / Getty Images

 ミュージカル「キャッツ」「オペラ座の怪人」などの大御所作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーが手掛ける映画『スクール・オブ・ロック』の舞台ミュージカル版の上演日が正式に決定した。Deadlineほか複数メディアが報じた。

映画『スクール・オブ・ロック』写真ギャラリー

 同ミュージカルは、来年11月2日にウィンター・ガーデン・シアターでプレビュー公演が行われ、12月6日から正式に上演される。製作を務めるアンドリューはワーナー・ミュージック・グループとタッグを組んで手掛ける予定だ。

[PR]

 同ミュージカルには、オリジナル映画で使用されたラモーンズレッド・ツェッペリンなどの楽曲だけでなく、アンドリューのオリジナルの楽曲も含まれるそうで、それらの作詞は映画『塔の上のラプンツェル』のグレン・スレイターが担当する。脚本は、テレビドラマ「ダウントン・アビー」のジュリアン・フェロウズが執筆することになっている。

 オリジナルの映画は、バンドをクビになったしがないギタリストが、友人になりすまして臨時教員の仕事に就いた名門小学校で、子供たちと組んでバンドバトルに出場するというストーリージャック・ブラックが主演し、リチャード・リンクレイターがメガホンを取った。今のところ、舞台監督とキャストは決まっていないが、楽しみな作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]